船越英一郎は糖尿病ではなくDVで顔面麻痺に!?離婚決意に至った暴言エピソードまとめ!

絶賛大暴れ中の松居一代さん!

今や文春砲ですっかりお馴染みとなった週刊文春さんに裏切られたと怒りのYouTubeデビュー!!

その動画内にて船越英一郎氏が糖尿病であることなどなど様々な暴露をしておりました。

しかし!あまり内容がよろしくない!!

ということでよい子のみんなにも分かるように状況を簡単に解説しましょう!

そう…それは勇者マツイとフニャ越の戦いの物語…

以前は強力なマツイ棒を持っていたフニャ越なのだが…

日々の激戦のせいなのかそれとも運命なのかマツイ棒が弱体化し本来の機能を果たせなくなってしまう。

立ち上がることすらできないマツイ棒を前にフニャ越は…
ついに自らの身の危険を顧みず禁断の青魔法を使用してマツイ棒を強制強化すると決断。

その後禁断の青魔法の使用によりフニャ越は復活を果たすも…

その代償として暴走してしまったフニャ越はダークサイドに堕ちてしまうことに…

そしてマツイ棒は正しく使われることなく禁断の道へ…

悪の根源ゴッドハンドと共に悪行を繰り返すフニャ越はこの世の全ての恐怖を書き記したフナノートを作り上げてしまうのだった…!?

打倒フニャ越を目指す勇者マツイはついにサスペンスより恐ろしい恐怖の書フナノートを手に入れる。

しかし、敵が放った追っ手は手強く車中生活を余儀なくされるマツイ…

逃亡生活を続け、謎の尾行者に追われながらも戦いを決意する勇者マツイだったが…!?

要約するとこのようなストーリー。

 

まぁそういうことでですね、
以前船越英一郎氏は2回顔面麻痺を発症していました。

その原因として語ったのが船越さんが今までひた隠しにしていた糖尿病の合併症によるものであると。

にも関わらず船越氏は強力な青い錠ざ…ではなく青魔法を使用しゴットハンドと結託していたと。

そんな船越さんに対して松居さんはただひたすらに夫の身体を心配していた。

しかしある日発見したフナノートには船越さんの裏切りの一部始終が書き記されていたそうです。

その裏切りに松居一代さんは激怒!

そして週刊文春にその全てを明らかにしようと決意するも文春にも裏切られYou Tubeに動画を投稿して暴露することを決意!
という経緯なのですが…

この度発売された文春には松居一代さんが主張していた内容とは違う内容で掲載されていたという訳です。

その内容とは松居一代さんから受けたDVに関する内容でした。

スポンサーリンク

船越英一郎は糖尿病ではなくDVで顔面麻痺に!?

松居さん曰く船越さんは2008年に糖尿病を発症。

HbA1cというヘモグロビンと糖の結合具合を表す数値がありまして、
船越さんは基準値オーバー。

2015年にはかなりの数値を叩き出していたそうなのですが、
船越英一郎さんは「治療なんて受けてたまるか!」と治療を拒否。

その理由として
船越英一郎さんが健康食品のCM契約をしていたから。

健康食品のCMに出る本人が糖尿病では本末転倒。
イメージ悪化にしかなりません。

そうなるとCMの契約金はパー。

それを避けるべく船越英一郎さんは治療を行わなかったというのです。

 

その結果船越さんは糖尿病の合併症で顔面麻痺を発症してしまいます。

 

と、ここまでが松居一代さん側の主張。

しかし船越さん側の主張はまるで違いました。

まず糖尿病に関して

船越さんの代理人によりますと

・HbA1cという数値が上がっていたことは事実

・しかし、キチンと通院し食事療法などを行い数値を落としたとのこと。

・治療を勧める松居一代さんのに対して「治療を受けてたまるか!」と拒否した事実はない。

・バイア…ではなく青魔法を使用した事実はない。

さらには発症した顔面麻痺に関しては

糖尿病の合併症ではなく松居さんが日常的に行っていたDVによるストレスによるものであると主張しております。

 

といった感じで全く両者真逆の主張の様子。

どちらも本当ということはありえないので、順番に検証してみることに。

まず気になるのがストレスで顔面麻痺なるの?というところ

ちょっと調べてみました。

その結果

~どうして顔面の麻痺がおこるのでしょうか?~

今現在でもどうして顔が崩れてしまうのか不明とされております。
突発性顔面神経麻痺を含め様々な要因がありますが、精神的・肉体的なストレスが引き金になりヘルペスウイルス活性化説が有力視されています。
顔面の神経が走行する骨のトンネルは(細長い管)は狭く、
ヘルペスウイルス感染による神経の炎症、血流障害などで腫脹すると、この管内で容易に圧迫され麻痺をきたします。
引用:http://ganmenshinkeimahi.web.fc2.com/genin/index.html

とのことです。

原因には様々な要因があり現代でも正確な原因は分かっていないようです。

 

ではでは松居一代さんの主張。

糖尿病で顔面麻痺が発症するのか?

コチラについても調べてみました。

その結果、

顔面神経麻痺は、糖尿病の合併症として発症することがあります。

糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度が高い高血糖の状態が続く慢性疾患です。
高血糖により血管は障害を受けやすくなります。
血管は全身に張り巡らされているため、高血糖が長期間続くと必要な酸素や栄養が体の各器官に届きにくくなり、
様々な障害を引き起こしやすくなります。
これが、糖尿病により合併症が発症する主な原因と考えられています。
引用:https://info.ninchisho.net/diabetes/archives/4071

糖尿病での合併症で顔面麻痺が起こることも充分に考えられるようです。

う~んこの辺りで何か矛盾が出てくるのかもと思ったのですがそう簡単にはいきませんでした^^;

こうなると船越さんが通院していたとされる病院の治療記録や医師の回答を得る必要が出てきます。

しかし現時点でそのカードを切っていないということは実は通院していないのか、

はたまたこのまま泳がせておいて最後に反撃するまでとっているのか…

今後の進展で明らかになるものではないかと。

判明次第追記しまーす!

スポンサーリンク

船越英一郎が離婚決意に至った暴言エピソードまとめ!

さて、6月28日についに離婚調停を申し入れた船越英一郎さん。

 

その離婚を決意した理由として妻松居一代さんのDVや暴言が挙げられています。

ということでこれまでにどのようなエピソードがあったのかそちらについて見ました。

まず

■幸せいっぱいの結婚当初

女性とのメールが発覚⇒沸騰した鍋に携帯電話を放り込み破壊

ハンガーで船越氏の頭部を殴打

包丁を船越氏に向け脅す

■船越さん入院時

椎間板ヘルニアで入院していた船越氏。
船越氏は電話をしていたらしく(相手の性別は不明)目撃した松居一代さんは激怒。

「さっさと電話をよこせ!」と怒鳴りちらし

馬乗りになり胸ぐらを掴み挙げベットに叩きつける。

結果、病状悪化。退院先延ばしの刑に。

■靴DV

知人の女性にメールを送る姿を目撃した松居一代さん。
メールの内容はいたって普通であったがそんなのお構いなし。

本来足に履くものである靴を手に持ち船越さんの頭を殴打。

全治数ヶ月。(意識が遠のいて頭が不自然に柔らかくなったんだとか…コワ)

■松居とマネージャーとハサミ

とある日、些細なことで船越さんをサンダルで叩きつける松居さん。
目撃するマネージャー。

前回の靴事件を知るマネージャーは「頭はやめてください!」と間に入ってDVを止めようと試みる。

しかし、ヒートアップした松居一代さんは

「刑務所でも何でも入ってやる!」とハサミを振り上げる。

結果振り下ろしたハサミはマネージャーの上着を切り裂く。

一歩間違えば大惨事。

というエピソードが新たに明らかになっています。

まぁあとは船越さんの父が亡くなった際に
「やっとくたばったかくそじじい」と言い放ったとかそこら辺ですね。

というか、コレ暴言っていうか普通に肉体的ダメージがあるっていう…

 

いやいやいや、明らかにおかしいじゃんそれ。
なんで今まで離婚しないんだよそれ。

そう思ったのですが、追い詰められると松居一代さんは自ら命を絶とうと試みるのだとか…

さらに船越英一郎さんは自身の妹を亡くされてます。
松居さんが試みようとしたことと同じことをして。

そんな船越さんはどうしても松居さんを妹と同じように失いたくないと。そう思ったのではないかと。

 

今回の泥沼劇。果たしてどちらが嘘をついているのでしょうか…?

【闇深】
松居一代動画に謎の女性の声…そして謎のおばあちゃんの正体に迫ってみた結果…

スポンサーリンク



コメントを残す