【野田数(かずさ)の横領疑惑】六本木豪遊に公金を!?右翼の噂と経歴についても調査!

 

都議選で自民にに圧勝!

今後の活躍に市民の期待が高まるなか、代表を務めていた小池百合子氏が突然の代表辞任。

その後任として選ばれたのがそう、前代表の野田数(のだ かずさ)氏。

小池氏の辞任により再度代表に返り咲くという形に。

今回の都議選勝利は小池百合子氏の活躍が大きいとされているので都民ファーストの会の新代表に注目が集まっています。

しかし、新代表の野田数氏にはなにやらよくない疑惑がある模様…

それは公金横領の疑惑。
平成26年にアントニオ猪木氏によって刑事告訴され現在も捜査されているとのことですが…

そして最近明らかになっている野田数氏の六本木豪遊報道…

この時使用されていたお金にも公金が使われていたのではないか!?という声も出始めてしまっている様子。

今回はその公金横領騒動についてと野田数氏の経歴や極右説についてご紹介させていただこうと思います。

スポンサーリンク

野田数氏のプロフィール・経歴について

生年月日:1973年8月27日
年齢:43歳
出身:東京都東村山市
引用:wikipedia

学歴は早稲田大学教育学部卒。

大学卒業後には東京書籍という教科書出版を主に手がける企業に勤めるも一ヶ月で退職。

その後2000年~2001年まで小池百合子氏の秘書を務めていました。

また2016年の東京都知事選では小池百合子氏の選挙対策本部責任者を務め、知事就任後は制作担当の特別秘書を務めるなど小池氏からは信頼の厚い人物ではと思われます。

野田数氏ご本人に関しては

2000年:第42回衆議院議員総選挙に兵庫7区立候補 落選
2003年:東村山市議会議員選挙に立候補し初当選
2007年:東村山市議再選
2009年:東村山市議を任期途中で辞職し、東京都議会議員選挙に北多摩第一選挙区から立候補して当選
2012年:自民党を離党し地域政党「東京維新の会」を立ち上げた
2012年:東京都議会議員を辞職
2012年:第46回衆議院議員総選挙に日本維新の会公認で東京20区から立候補も落選
2013年:東京都議会議員選挙にも日本維新の会公認で立候補も落選

とあまり結果には恵まれていないようです。しかし、活躍の場を広げたいという意思の強さを感じます。

そして2013年の都議会議員総選挙後はアントニオ猪木氏の制作担当秘書を務めています。

どちらかというと表だって活躍するよりも影で支えるといいますか、駆け引きや根回しが上手な方という印象を受けます。

野田数(かずさ)の横領疑惑とは!?

野田数氏に浮上している横領疑惑。

かつて秘書を務めていたアントニオ猪木氏から公金横領により2014年に告訴されていたというもの。

アントニオ猪木氏は記者会見を開き

「野田が自身の政策秘書を務めていた2013年(平成25年)10月から10か月の間に、国会議員に支給される「文書通信交通滞在費」などを管理している事務所の複数の銀行口座から、繰り返し無断で現金を引き出していたとされ、引き出された総額は1120万円に上る」引用:https://www.dailyshincho.jp

と説明。

野田数氏はその際にパソコンの経理データを消去し証拠の隠蔽を図ったとされているようです。

その告訴に対し野田数氏は

「現金は全て猪木氏の指示に基づき、猪木氏のため正当な使途に使用しており、私的に流用した事実はない」
「猪木氏が記者会見で述べた事実並びに猪木氏が告訴した事実は、全くの事実無根」
引用:wikipedia

と反論し逆にアントニオ猪木氏を名誉毀損で刑事告訴し損害賠償を請求する方向で進んでおります。

そしてこの時に横領したお金がキャバクラなどで使用されていたのでは!?と言われているとのことです。

そしてさらに…

スポンサーリンク

六本木豪遊に公金を!?

そしてさらに週刊ポストに六本木にて豪遊している様子が報じられ、その資金は一体どこから出たんだ!?とまた横領の疑惑が浮上してきています。

それも大量のチップをバケツみたいな容器に入れて、ギャルたちに振りまいて夜通し遊びまわっていたというのだからもしコレに公金が充てられていたら大問題です。

では実際どうなのか?

週刊ポストの取材に対し代理弁護人が

「野田が言うには、その日『M』は半年ぶりに行ったとのことですが、『B』は月に1度ほどの頻度で通っているようです。もちろん野田のポケットマネーで支払っています。『B』は猪木議員の秘書時代からマスコミの記者の方々と訪れ、そこで仕事の打ち合わせをすることもあったので、文書交通費で落とすこともありました。しかし、その後は自腹です」
引用:https://www.news-postseven.com

と返答。(「M」「B」は行ったお店の仮名)

自腹で全てまかなえる程の豊富な資産をお持ちなのでしょうか?
今回都議選でかなりの注目を浴びた都民ファーストの会。

その代表を務めるというのですから接待も時には必要かと思いますがそのお金の使い方はあまりにも派手。

今後かなり厳しく政治資金の使用詳細が追求されることが予想されています。

小池百合子氏はそういった野田数氏の危うさも視野に入れて今回都民ファーストの会代表を辞したのではという声も多くあります。

今後小池氏は自民に復党し、
総理就任を視野に入れて活動していくのではと言われており、
不祥事に巻き込まれマイナスなイメージがついてしまうことにはかなり敏感になっていると思われます。

今回の突然の代表辞任。

それによって小池氏を信頼して都民ファーストの会を選んだといいうのに全部丸投げか!?

という声も出始めております。

しかし、そういった批判の声に対する対策も講じており、

「(都政を運営する知事と、それをチェックする議会の)二元代表制(が機能しなくなること)への懸念があることを想定して、都民ファーストの会の代表は野田氏に戻す」

と回答し、バランスを維持する為の決断という方向へ。

これにより、批判の声をかなり少なくすることができ
(あぁ確かにそれは一理あると思わせることができる)

小池氏の支持には影響が少ない上にリスクを排除。

さらにこれだけの支持と影響力を持つ小池氏は都議選で大敗した自民側にとっては欲しい人材であり他には譲りたくいない人材。

復党もでき、現在の小池氏の影響力を鑑みて自民党内の反小池側の批判も抑えることができる得だらけの策。

これだけの策士の下で特別秘書をやっていた野田数氏もまた都民ファーストの会代表という影響力を踏まえ、
災いの種にしかならない夜遊びを極力控えてくれればよいのですが・・・

野田数氏に右翼の噂?

そもそもこの噂に関してはWikipediaの記載から明らかになり拡散された模様。

記載されている内容によりますと・・・

東京維新の会時代の2012年10月には日本国憲法無効論に基づく大日本帝国憲法復活請願を東京都議会に提出した。

その中で「我が国の独立が奪われた時期に制定された」と現行憲法の無効を主張するとともに皇室典範についても
「国民を主人とし天皇を家来とする不敬不遜の極み」
「国民主権という傲慢な思想を直ちに放棄」すべきことを主張
引用:wikipedia

昨今では右翼左翼という言葉の意味合いが変化しつつありますが…

まぁなんと言いますか結構振り切ってますね…。

ネットではこんな声も…

個人的には思想は自由。

しかし、それ以前に都民ファーストの会代表としての責務をしっかりと果たし責任のある言動をお願いしたいと思います。

過激な発言をしてもメディアの的になるだけでなんのメリットもありませんし、
横領疑惑と刑事告訴の問題を掲げ小池氏が辞任した今!

野田数氏が都民ファーストの会代表としていかに都民の信頼を得るか?
代表の資質が問われる時なのではと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す