【シケイダ3301(Cicada3301)の真相】2017年現在に答えを解読した者は?暗号は沖縄にも?

漫画みたいなホントの話。

インターネット上で発見された謎の暗号シケイダ3301(Cicada3301)。

当時も世界一難関な謎解きゲームと称され世界中の人々がその謎の解明に向けて知恵を絞ったそうです。

今回はその謎の暗号シケイダ3301(Cicada3301)についてご紹介しておきたいと思います。

いやぁ映画とかですとブルース・ウィリス主演の「マーキュリー・ライジング」という映画が有名ですよね。

自閉症の子供サイモンが本来なら誰も解くことは不可能とされた暗号を解読してしまい、
その結果命を狙われてしまうというスト-リーなのですが、その映画では国家安全保障局が暗号を作ったことになっています。

そしてこのシケイダ3301(Cicada3301)もFBIやCIAが関わっていて人材を発掘する為の試験なのではないか?などと噂されているそうですねぇ…

真相は一体…!?

スポンサーリンク

シケイダ3301(Cicada3301)とは?エリクソン氏による究明

事の発端は2012年1月。

アメリカ版2ちゃんねる「4chan」に正体不明の人物からのあるメッセージから始まりました。

この英語を訳すと

こんにちは、我々は極めて聡明な人々を探しています。そのような人々を見つけるために、我々はあるテストを考案しました。

このイメージ(画像)の中にはとあるメッセージが隠されています。

それを見つけなさい、そのメッセージが我々を見つける為の道筋への手がかりとなるでしょう。我々は、そのすべての謎を解くことが出来るような少数の人々と会うことを楽しみにしています。

幸運を。

3301

そしてアップされていた画像が昆虫のセミ。

それを英語に訳すと「Cicada」

さらに最後に書かれていた3301という数字から「Cicada3301(シケイダ3301)」と呼ばれるようになったそうです。

その書き込みを見つけ、暗号解読に着手したのがスウェーデン人のジョエル・エリクソン氏。

コンピューターアナリストで暗号解読に自信があったエリクソン氏はすぐさま解読を開始。

まずは画像。

この画像には「デジタル・ステガノグラフティ」という簡単にいうと画像の中にデータを織り交ぜる技術のこと。

そこから解読されたのが

TIBERIVS CLAVDIVS CAESAR says “lxxt>33m2mqkyv2gsq3q=w]O2ntk”

という文字列。

さらにこの文字の前半「CAESAR」は古代ローマ指導者「シーザー」を示し、そのシーザーが使用していたとされるシーザー暗号という文字列をずらす暗号からエリクソン氏はとあるURLへと辿りつきます。

もうこの時点でかなりの難易度です。様々な知識を有していないとここまでたどり着けません。私にはすでにさっぱりです(笑)

さて、そのURLの元にたどり着いた先が・・・

このアヒルの画像

この画像には

おっと!
引っかかりましたね。
どうやらあなたにはこの暗号の解読は無理みたいだ。

と英語で書かれており、ダミーであったと一時は別の方法を試していたもののこのアヒルの画像を解析してみることをエリクソン氏は思いつき、解析すると…

「Reddit」というニュースサイトの掲示板へと辿りつきます。

そこには暗号化された文章が投稿されており、調査の結果マヤ文明の数字が使われていることに気付きます。

その結果辿りついたのが「Agrippa」という詞。そのなかにさらなる暗号が隠されていたのだとか。

さらにその時シケイダ3301(Cicada3301)の暗号解読を行っているのはエリクソン氏だけではなく世界中に数千人規模の人々が暗号に挑戦していたことを知ったそうです。

その後エリクソン氏は同じくシケイダ3301解読に挑戦している人々と協力したどり着いたのが・・・

「845145127.com」というウェブサイト

そこにはセミの画像とカウントダウンされる時計

そして時計がゼロになったとき、世界14ヶ国の都市のGPS座標が送信されました。

もうこれが現実で行われていたと考えると思うとホントびっくりです。
世界中の相当に頭の良い人々が数千人単位で取り掛かってやっとここまで辿りついた暗号シケイダ3301(Cicada3301)。

この時点ではインターネット上で完結していた話なのですが、このGPS座標が送られたことによってさらなる衝撃的な事態へ…

されそれでは話を進めていきましょう。

暗号解読が進むうち世界14ヶ国の都市のGPS座標が表示される事態に。

世界中に散らばっている暗号解読班はその表示された場所をくまなく探します。

そして発見したのが・・・

セミのマークとQRコードが貼り付けられたポスター。

これが表示された世界14ヶ国至るところで発見されたのだとか。

スポンサーリンク

2017年現在に答えを解読した者は?暗号は沖縄にも?

さてそれでは一体このシケイダ3301(Cicada3301)騒動の結末は一体どうなったのか?

QRコードを読み取ると出てきたメッセージが・・・

“You’ve shared too much to this point. We want the best, not the followers. Thus, the first few there will receivethe prize. Good luck.”
あなたはここまで情報を漏らしすぎた。我々はベストな人材が欲しい、フォロワーではない。最後まで辿り着く数名にしか褒美はない。Good luck”

と情報を共有し、暗号解読を行っていたことがシケイダ3301側からすると面白くないらしく、このメッセージを最後にしばらく沈黙・・・

そして数ヶ月後。。。

こんにちは。 我々は我々が探していた人たちを見つけることが出来ました。ここで我々の長い旅は終わります。今のところは・・・

というメッセージが!!

そう、誰も解読したと公表はないものの、シケイダ3301は探していた人材を見つけたということになります。

しかし、それがどこの国の一体誰なのか?

それについても明らかになっていません。完全に謎のままです。

しかししかし!!この話には続きがありまして、

その後また新たなメッセージが発見されます。

こんにちわ。 我々はこれから聡明な人々の探索を継続します。

このメッセージにもまた暗号が含まれており、それをルーン文字やらヘブライ語のコード表などを駆使した結果、導き出されたのが世界7ヶ国の都市。

そしてその都市の一つがなんと

日本の沖縄でした。

それが発見された場所がどこなのか?

一体誰が貼ったのか?そちらについては不明でした…

しかし海外のシケイダ3301に関するサイトにこのような記述が…

どうもこの電柱に貼られたポスターが沖縄のもののようです。

これが2013年の話です。

では2017年現在はどうなのか?

まずシケイダ3301(Cicada3301)と思われるTwitterアカウントが毎年暗号を投稿している模様。

しかし2016年で更新は止まっており現在どのような活動をしているのかは不明です。

URLの安全性が確認できない為、掲載しません。
(@1231507051321というアカウントです。自己責任で。)

また2017年4月29日

とあるユーザーがシケイダ3301からのメッセージを発見したという投稿がありました。

謎を残したままのシケイダ3301(Cicada3301)。

今後解読をし、それを公表する人物は現れるのでしょうか?

今もなおシケイダ3301解読に向けて活動を続けられているエリクソン氏が解明すれば大々的に発表されるのでしょうが…

しかし、この暗号…一体誰が作ったものなのか?

世界中にポスターを貼る時点で個人ではかなり難しい…

やはりFBIやCIAがなどが裏で糸を引いているのか?
そう思ってその可能性を調べてみたのですが、FBI・CIAやIT企業などはシケイダ3301(Cicada3301)との関与を否定しているそうです。

では尋常ではない頭脳の持ち主が遊びで作った暗号なのか?

その全ては謎のままです…

自分も挑戦したいなぁなんてちょっと思ったりもしたのですが、シーザー暗号とかヘブライ語とかルーン文字とか…それ以前に英語もままならないので諦めました(笑)

安易に挑戦できるレベルじゃないですねコレ…

う~ん世の中って広い。。。。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です