【ゴーン嫁】キャロル夫人の職業や国籍は?年齢や旦那との馴れ初めと顔画像についても!

どうもこんにちは。

現在世間を賑わせている元日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)であるカルロス・ゴーン氏の逃亡劇。
日本の司法制度への不満から日本から脱出し、

さらに逃亡先のレバノンで会見を開くなど世界中を巻き込んだゴーン氏の逃亡劇は今度どうなるのか・・・?

・・・と、いうことで2019年1月9日に行われた会見を見ていたのですが。。。

ひじょーに長いゴーン劇場でして、
簡単にいうとこんな感じでした▼

そして何より会見内で何度も繰り返して語られていたのが、
ゴーン氏の妻であるキャロル夫人への想い。

クリスマスも新年も妻に会えず人権を尊厳を奪われたと主張するほどに家族愛を語っておりました。
それはもう日本の司法制度についてや無罪の主張なんてそっちのけなレベルで。

そこで気になってくるのは
カルロス・ゴーンの嫁であるキャロル夫人とは一体どのような人物なのか?

今回はそんなキャロル夫人ことキャロル・ゴーンさんについてご紹介させて頂きます。
それではどうぞ!

スポンサーリンク

【プロフィール】キャロル夫人の国籍や年齢について(顔画像あり)

名前:キャロル・ゴーン
旧姓:キャロル・ナハス
生年月日:1966年10月
年齢:53歳
出身:レバノン・ベイルート

美人セレブな印象のキャロル夫人。
年齢は現在53歳とは思えぬ美貌の持ち主で

65歳のゴーン氏とは12歳差の年の差婚。

キャロル夫人の出身はレバノンで、
ゴーン氏の現在の逃亡先もレバノンということで

キャロル夫人はレバノンで過ごしているのかと思っていたのですが、
実は人生の大半はアメリカで過ごされていたとのこと。

そして国籍はレバノン・フランス・アメリカの3つあるそうです。
その中でもレバノンは日本との犯罪者引き渡しの条約を結んでいない為、
例え保釈中に日本国外に許可なく逃げ込んだとしても日本に連れ戻すことが難しい状況にあるというのが現状のようです。

またキャロル夫人は離婚歴あり。ゴーン氏とは2回目の結婚となるそうです。
アメリカで過ごしていた際に知り合ったという金融系の会社に勤めるエリートサラリーマンであるマルシ氏と1992年に結婚されており、その後離婚に至った模様。

元夫との間には3人の子供がいるとのことで、

長男のアンソニーさんは

ボストンコンサルティンググループのニューヨーク支店パートナー

次男のダニエルさんはモルガン・スタンレー勤務

長女タラさんはブラウン大学在籍

 

と、全員エリート街道突っ走っています笑
そして全員エリート校と名高いニューヨークのリセ・フランセという高校を卒業されています。

キャロル夫人の職業は実業家?

キャロル・ゴーン氏は2009年にニューヨークにて「CALM」というブランドを立ち上げており
自身もゴーン氏と同じく実業家として活躍していたそうです。

CALMはレバノン製の高級民族衣装カフタンをモチーフに取り扱うブランドで
デザイナーのアリソン・ルヴァスール氏と共に設立。

現在はCALMの経営には携わっていないそうですが、
収益の一部を慈善事業としてレバノンに寄付しているとの情報もあり、

資産はかなりの額なのではないかと予想されています。

そして今回のゴーン氏のレバノンへの逃亡。
日本側がゴーン氏の引き渡しに関して難航しているのも、
キャロル夫人がレバノンで行っている慈善事業が関係しているのではという見方もあるようです。

スポンサーリンク

カルロス・ゴーンとキャロル夫人の馴れ初めは?

カルロス・ゴーン氏とキャロルさんは一体どこで接点を持ち知り合ったのか?
その馴れ初めに関してはどうも詳しくは語られていない模様。

その理由としては二人は不倫関係から再婚が噂されていることが原因なのではないかとされています。

カルロス・ゴーン氏も実は離婚歴有り
1985年に元嫁であるリタ・コーダヒさんと結婚されています。

そして2015年6月にリタさんとの離婚が成立。
その際の証言として「ゴーン氏の不倫の証拠を握っている」と語っていたとされ、2006年頃には不倫に気づいていたのではないかと言われています。

また二人の馴れ初めはゴーン氏がミシュランで北米戦略責任者を務めていた際に、
キャロルさんが在住していたニューヨークでの勤務が多かったことから、

その時にキャロルさんと出会い、関係を持つようになったのではないかと噂されています。

離婚前にはイベント出席の際に記載されていた名前は前妻のリタなのに
連れてきたのはキャロルさんだったという出来事もあったそうなので、

傍から見ても離婚前から交際していたという見方が強かった模様です。

そしてゴーン氏とリタさんの離婚が成立後まもなく
2016年5月に二人は結婚。

さらに数週間後にはヴェルサイユ宮殿を貸し切った盛大な結婚パーティーを催し、
費用は80億円超えとされているのそうです笑

リタさんと結婚していた頃はそこまでお金をバンバン使うタイプではなかったと言われているゴーン氏ですが、キャロル夫人との結婚を機にかなり派手な生活をするようになったそうです。

結婚後は

・パリ16区に住まいを購入(約500平方メートル)
・リオデジャネイロのペントハウスを購入
・ベイルートに邸宅を(購入金額875万ドル改装費600万ドル)

と80億円かけた結婚式の後もセレブっぷりを発揮しています。

ですが、その後は金銭を巡る疑いなどでゴーン氏の逮捕が報道され、
キャロル夫人にも偽証の疑い(うその証言をした)で逮捕状が取られたりと様々な出来事が起こり、現在はレバノンに逃亡し世界中で報じられているお二人。

陰謀や無罪が主張されていますが、
日本とは現時点では平行線の模様…

今後どのような展開を見せるか不明な状況ですが、
ひょっとしたら今回のキーマンはキャロル夫人なのかもしれませんね^^;

スポンサーリンク