市村正親と嫁(篠原涼子)の子供の現在と馴れ初めは?過去の結婚歴と若い頃の画像についても!

どうもこんにちは。

晩婚化が叫ばれる昨今、
結婚に対する価値観も昔とは大きく変わってきたように感じます。

国勢調査によると、
40代前半の独身率は24.6%と4人に一人が結婚していなかったりするそうな。

しかし、40代以上になって
超年下で若くて綺麗な奥様とご結婚されているイケてるおじ様もまた確かに存在しているのです。

そう、今回ご紹介する市村正親さんもまた
若くて綺麗な奥様とお子さんと現在もイチャラブな夫婦生活を営んでいらっしゃいます。

しかも40代どころの話ではありません。
市村正親さんは御歳70です。

そして奥さんはあの篠原涼子さん。
24歳下の嫁です笑

そこで今回はそんな市村正親さん・篠原涼子さん夫婦の現在について。

二人はどのようなキッカケで出会い、
結婚に至ったのか?

その馴れ初めと二人のお子さんについて。

そして市村正親さんの過去の結婚歴や若い頃の男前画像などなどをご紹介させて頂きます。

それではプロフィールからどうぞ~!

スポンサーリンク

市村正親のちょいWikiプロフィール!

名前:市村正親(いちむら まさちか)
生年月日:1949年1月28日
年齢:70歳
身長:170cm
血液型:A型
出身:埼玉県川越市
所属事務所:ホリプロ

とても70歳には見えない若々しさで今もなお、
現役バリバリの実力派俳優として活躍されている市村正親さん。

新聞記者の父と飲食店を営む母との間に産まれます。

幼少期は両親が共働きということもあり、
父親が迎えに来るまで映画館で過ごすことが多かったそうでして

その時出会った様々な作品達が幼い頃の市村正親さんに大きな影響を与え、芝居の道へと進むキッカケの一つになったのではないかと。

市村正親さんは川越小学校・川越市初雁中学校を卒業し、
川越商業高校へと進学。

川越商業高校はスポーツが盛んな高校で
市村正親さんもまた体操部で器械体操をしていたそうです。

しかし、高校2年生の頃に
首を負傷したことで体操の道を断念。

その後は演劇部に所属し、
演技の魅力に引き込まれていきます。

そして高校3年生の頃に
当時大スターとして名を馳せていた
石原裕次郎さん・宍戸錠さんなどが出演する映画「涙になりたい」という作品に出会い衝撃を受け、

俳優としての道を志すように。

舞台芸術学院という専門学校に通い、
1973年にはあの劇団四季のオーディションに合格。

1980年代の劇団四季の看板俳優して大活躍されています。

1990年には劇団四季を退団するも、
活躍の幅が増え舞台以外にも

ミュージカル・テレビ&ドラマ出演・ナレーション・声優などなど
様々な分野で活躍されています。

2019年公開の映画「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」のミュウツー役の声優に抜擢されていたり、

ゲームの大乱闘スマッシュブラザーズのミュウツー
キングダムハーツのジャックスケリントン
レイトン教授ののブロネフライネルの声も実は市村正親さんだったりします笑

市村正親の過去の結婚歴は?元嫁は八重沢真美?

現在の奥さんは篠原涼子さんですが、
実は過去にも結婚歴がある市村正親さん。

その元嫁さんというのが
八重沢真美さん。

篠原涼子さんとの結婚発表も年の差婚として話題になりましたが、
実は元嫁の八重沢真美さんとも13歳差の年の差婚だったりします。

八重沢真美さんは元バレエダンサーであり、
劇団四季で活躍する舞台女優。

「アンデルセン物語」という舞台で
市村正親さんと共演したことがキッカケで交際がスタート。

1984年に二人は結婚しています。
結婚後も二人は舞台共演をされていましたが、

1993年に八重沢真美さんは劇団四季を退団。
市村正親さんの裏で支えて家庭に専念されていたそうです。

しかし、二人の間に子供ななく
「いつかそうなる(離婚する)予感がしていて
子供は作らなかった。」

と後日語っていたとの話もあります。

夫婦生活は21年とかなり長かったのですが、
実際の夫婦仲はあまり良くなかったと噂されており、

八重沢真美さんが十数年ぶりに劇団四季に再入団し
舞台女優として仕事に専念するようになったことでさらに夫婦仲は冷え切ってしまったようで

2003年に離婚されています。

八重沢真美さんが離婚する予感がしていると語っていたことから
市村正親さんの女性関係が一つの理由だったのではないかとの噂もあります。

スポンサーリンク

元嫁・篠原涼子との馴れ初めは?略奪婚だという声も?

市村正親さんは2003年に八重沢真美さんと離婚。

その2年後の2005年に篠原涼子さんと再婚されています。

篠原涼子さんは現在46歳。
1994年に小室哲哉さんプロデュースの「恋しさと せつなさと 心強さと」が爆発的大ヒットとなり、日本レコード大賞も受賞されています。

その後は、女優として活躍し、
「アンフェア」「ハケンの品格」などヒット作にも数多く出演。

そんな篠原涼子さんが初めて出演した舞台「ハムレット」に市村正親さんが出演していたことが出会いのキッカケ。

初めての舞台出演に不安とプレッシャーで戸惑っていた篠原涼子さんを精神的に励ましていたのが市村正親さんで、

ベテラン舞台俳優である市村正親さんの演技のカリスマ性にすっかりベタ惚れになってしまったそうです。

舞台「ハムレット」で二人が共演したのが2001年。

舞台終了後には二人はすでに交際をしていたとの噂もあり、
不倫交際だったのでは?との声も当時挙がっていて

2003年に八重沢真美さんとの離婚。
その2年後には篠原涼子さんと再婚していることから
略奪婚だったのでは?という声も多かったそうです。

ちなみに当時篠原涼子さんも15歳年上のヘアメイクアーティストの男性と交際していたとの情報もあり、お互い相手がいる状態で恋に落ちてしまったのでは?との噂もあります。

24歳差という年の差があるものの、
篠原涼子さんの元カレも結構歳が離れていたことから、

篠原涼子さんは元々年上の男性が好みのタイプであったのかもしれません^^;

市村正親さんとの結婚に対して、
篠原涼子さんの父親は反対していたそうですが、

早く子供を作ることを条件に結婚を許してくれたのだとか。

その説得に時間がかかったこともあり、
離婚から2年という月日を要したとの推察もされていますが・・・

やはり離婚した時期と交際のキッカケになった期間が重なっていることから世間の印象はあまり良くはない気もします。

…まぁ単純に羨ましいと思っている方も結構いるのではないかと思いますが笑

ちなみに篠原涼子さんは母親を2歳の頃に亡くし、
父親に男手一つで育てられているという背景も

父親と同世代の市村正親さんに惹かれた事に関係しているかもという意見もあります。

篠原涼子さんの父親も男手一つで育てた娘が自分と歳がほとんど変わらない相手と結婚するという事に当初は難色を示していたというのも分からないでもないような・・・

市村正親さんと篠原涼子さんの結婚劇の裏側は予想以上に複雑な問題が絡み合っていたようです。

スポンサーリンク

篠原涼子との子供の現在は?

早くに子供を作ることを条件に結婚をされた市村夫婦。

2008年には長男
2012年には次男が誕生しています。

2012年ということは市村正親さんはすでに60代前半・・・
若い…というかスゴい笑

二人のお子さんに関しては現時点では
名前や顔画像などは公表されておりません。

息子さんは現在、青山学院初等部に通っているとの噂もありますが
確証となる情報はまだ出てきていないようです。

将来的に両親のように芸能界の道へ進むのか?
に関しても不明ですが、

お子さん達はよく父である市村正親さんの舞台を観に行っているそう。芸能界に興味を持つ可能性も十分ありそうな予感です。

お二人のお子さんならきっとイケメンでしょう!

市村正親の若い頃の画像は?

若き頃は劇団四季の看板俳優として活躍し、
若い奥様のハートも射止めたイケメン俳優である市村正親さん。

若い頃はモテモテだったけど
30代超えた辺りですっかり女性から見向きもされなくなったという話をよく聞きますが、

市村正親さんは50代で24歳下の篠原涼子さんと再婚されているので通年モテ男認定してしまっても良いでしょう笑

おじさんになってもモテてるってことは…
若い頃の市村正親さんってどんな感じなんだろう…?
とやはり気になってきます。

そこで市村正親さんの若い頃の画像をご紹介!

個人的には眼鏡姿の市村正親さんの画像が一番カッコいい!!
元々目元パッチリで眉がキリッとしているので若い頃もやはりイケメンでした。

絶対モテていたでしょうねぇ…

それに70歳になった現在も髪の毛が全然衰退していないというのがスゴい…

まとめ

今回は俳優の市村正親さんについてご紹介しました!
70歳になった現在も美人な妻と二人の子供と幸せな夫婦生活を過ごされているご様子!
(一部では離婚間近との報道もありましたが、どうやらそんな事もないようです。)

俳優業もドラマ「ドクターX」に出演されたりなど
今もなお現役バリバリで活躍されております。

それにしても若いなぁ…70歳と言われても今だに信じられません笑

ではでは

スポンサーリンク