映画『サマーウォーズ』(アニメ)の動画を無料でフル視聴する方法!あらすじ・感想についても!


2018年7月20日公開のアニメ映画「未来のミライ」の公開で
再び注目を集めている細田守監督作品

そこで今回はアニメ映画「サマーウォーズ」動画を無料で観る方法とあらすじ&感想についてご紹介します。

アンドロ
違法アップロードサイトじゃ全編アップされてないどころか、
最近は取り締まりのせいでウイルス報告が多くでリスクが大きくなっているみたいだね…
カカロッシ
でもおかけで公式サイトが無料サービスを展開するようになったから観る側からすれば安心して観れるようなったね!
高画質でスマホでも観れるし。

アニメ映画「サマーウォーズ」動画配信サービス比較一覧

サービス名 配信状況 月額料金 無料期間
FOD × 888円 一ヶ月無料 【詳細はコチラ】
Hulu (見放題配信) 933円 2週間無料 【詳細はコチラ】
U-NEXT (ポイント制) 1990円 31日間無料 【詳細はコチラ】
ビデオマーケット (ポイント制) 980円 登録月無料 【詳細はコチラ】

※配信状況は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は公式詳細よりご確認ください。

アンドロ
ふ~ん…。
で、どのサービスが一番お得なの?
カカロッシ
そうそう。
最近はこういった動画配信サイトが多くてどこを選んだらいいのか分からないよね…

アニメ映画「サマーウォーズ」はHuluで9月30日まで配信中!

『未来のミライ』の公開を記念して
動画配信サービス大手のHuluで

アニメ映画「サマーウォーズ」が配信中です。

2018年9月30日までの期間限定ではありますが、
細田守監督全作

「バケモノの子」
「時をかける少女」
「おおかみこどもの雨と雪」

そして「未来のミライ」特別映像集が公開されています。

もちろん全て見放題!
レンタルするよりもかなり格安どころか無料で済んじゃいます。

本来なら配信権利が結構なお値段になって
細田守監督作品はあまり定額サービスのみの動画配信サイトでは公開されないことが多いのですが、

今回は未来のミライの公開により期間限定ではありますが、
配信が実現したようです。

他の動画配信サービスでは無料期間こそありますが、
+ポイント購入が必要になってしまうので個人的には断然Huluをオススメします。

さらにHuluでは今、初回登録で2週間無料サービス期間中!

2週間以内に解約すれば月額933円の料金は発生しないので、
細田守監督作品を実質無料で視聴することも可能です。

またスマホやタブレット、
PS3・PS4など様々な機種で視聴することでき、
場所を選ばず見ることができることもHuluの魅力の一つです。

微妙な罪悪感を感じつつ、
あからさまに著作権違反したサイトで

怪しげな広告とバカみたいに遅い通信にイライラしながら観なくとも、

普通に公式動画配信サイトで視聴することができるので、
今のうちにに無料期間を上手く活用して細田監督作品を楽しんじゃいましょう!

2018年9月30日までの配信となっているのでお早めに!

Huluはスマホ支払いも対応しており
登録も簡単です。

■Hulu登録手順

まずはHulu公式へ▼
⇒Hulu2週間無料ページはコチラ

・Huluのサイトにアクセス

・『今すぐ無料でおためし』をクリック

・人情報の入力もしくはfacebookアカウントで登録

・お支払い方法の選択
ソフトバンク・au・docomoでカンタンに決済できます!
(2周間以内に解約すれば料金は発生しません)

・規約に同意にチェックを入れて『2週間無料トライアルを開始』をクリック

以上で登録完了です!
すぐに観ることができます。

細田守監督作品を無料で観るなら今のうち!

アニメ映画『サマーウォーズ』少女あらすじ

※ちょっとだけネタバレ含みます

 

 

物語の舞台はインターネットの仮想世界OZ(オズ)。

OZはパソコンや携帯からの利用が可能で、
利用者は自身の分身となるアバターを作成することによりOZを利用できる。

OZという仮想世界でできることには以下のようなものがある。

「他ユーザーとのコミュニケーション」

「ショッピング」

「納税」

「行政の手続き」

このように現実社会と仮想世界のリンクを実現させている。

またOZは世界一安全なセキュリティ対策をしており、安全面についても心配はいらないとされている。

主人公の小磯健二はそんなOZの保安点検バイトをしている数学が得意な高校2年生。

健二は夏休みのある日、
憧れの先輩である篠原夏希からあるバイトの話を持ちかけられる。

そのバイトの内容とは「彼女の実家へ一緒に帰る」というものであった。

なんでも夏希は栄おばあちゃん(夏希の曾祖母)と
生きている間に婚約者を連れていくと約束していたらしく、
健二は夏希の偽婚約者として彼女の実家へ向かうのである。

夏希の実家では栄おばあちゃんの誕生日会が開かれており、
親族26人が一度に集結していた。

親族の多さと勢いに圧倒される健二。

そんな健二のもとに一通のメールが届く。

差出人不明のメールには謎の数字が羅列されており、
数学の問題だと勘違いした健二は徹夜で謎メールを解読してしまう。

翌日、世界一のセキュリティ対策をしているはずのOZが人工知能によって
乗っ取り被害に遭っていることがニュース番組で報道されていた。

OZの乗っ取り被害によって世界中で大混乱と麻痺に陥っていることをニュースで知る健二。

ただこのニュースはそれだけでは終わっておらず、
OZの乗っ取りは健二の仕業だとニュースで報道されていたのです。

それというのも健二が徹夜で解いた謎の数字は
OZのセキュリティコードだったらしく、そのメールの差出人は人工知能の「ラブマシーン」でした。

ラブマシーンは奪ったアカウントと情報によって成長していく学習型AI。

ラブマシーンはさまざまなアカウントと情報を吸収し、世界を大混乱させていきます。

一時は栄おばあちゃんの人脈によって事態が収束しかけますが、
翌日、栄おばあちゃんは狭心症のため亡くなってしまいます。

栄おばあちゃんが亡くなった悲しみに暮れる一族でしたが、
強大化していくラブマシーンを倒すべく、健二たちはラブマシーン討伐のための準備を進めます。

ラブマシーンが吸収した中には
小惑星探査機「あらわし」のアカウントもあり、これを地球に落とそうとしていました。

地球の大ピンチ。

このピンチの中、健二たちはラブマシーンに花札勝負を挑みます。

一対一の花札勝負に代表として挑んだ夏希は
ギリギリの勝負を勝ち切り、これで事態は完全決着するかに見えた。

が、しかし。

花札勝負に負けたラブマシーンは最後の悪あがきとして、
小惑星探査機の落下場所を健二たちのいる場所に変更する。

次こそ、絶体絶命のピンチ。

このピンチに立ちあがったのは――。

アニメ映画『サマーウォーズ』の感想を聞いてみた!

細田守監督作品「サマーウォーズ」の感想を募集してみたのでご紹介させて頂きます。

それではどうぞ!

K.S
■先端技術と人の繋がりのコントラスト

起こる出来事は先端的なのに対して、
登場人物たちの関係性は昭和的な繋がり方をしていて、
そのコントラストが面白い。

登場人物も魅力的で、
なつき先輩はかわいいし、けんじくんでなくとも、
キュンとくるのではなかろうか。

私もバイトを頼まれて、
長野まで行きてえと思った。

技術が日進月歩しても、
人や人との繋がりは、

計算外の大きな奇跡を呼び起こすのかもしれないと大きな希望を抱ける素晴らしい作品。

特に疲れた現代社会の人たちが見れば、少し元気になれると思う。

M.D
■夏アニメといえば「サマーウォーズ」

この作品の魅力は、
田舎とインターネット空間というギャップのある世界観が融合しているところにあると思います。

26人の親族が90歳のおばあちゃんの誕生日を祝うために集まるというどこかノスタルジックな描写と、

インターネット上の仮想世界「OZ」での事件を家族や人と人の絆という要素に絡めて上手に表現した作品だと思いました。

非常にテンポのいい作品なので
「サマーウォーズ」というタイトルにある通り、

夏になると毎回観なおしたくなるくらい面白い作品だと思います。

G.H
■数学が得意な主人公「健二」と、友人の「夏希」の一族が、大活躍!無事でよかった~~

出かけたことのある上田市が舞台で、乗ったことのある上田電鉄別所線がとても懐かしかったです。

バーチャルな世界での、
人工知能の暴走が、現実世界に影響を与えてくるという
、ある意味とても恐ろしい映画です。

スーパーコンピューターの冷却のための氷を、
「栄おばぁちゃん」の遺体の冷却のために持ち出したために、

「熱暴走」をおこしてしまうなんて!

これには思わず笑ってしまいました。

一族のきずなの強さに感動しました。

数学が得意な「健二」の活躍が素晴らしかったです。

笑えるとともに、大感動なアニメ作品です。

A.S
■世界を救うのは普通の家族

ITやバーチャルが苦手な私は、

『サマーウォーズ』を
ちょっととっつきにくい作品ではないかと考えていました。

友人に話してみると、
面白いよというので思い切ってDVDをレンタル。

バーチャルの世界が、
現実味を帯びている様子に驚いたものの
すんなり受け入れることができました。

バーチャルの世界だというのに
現実の世界を揺るがす大問題が起こりますが、

平凡などこにでもいる高校生が家族の助けを受けて立ち向かっていく姿に胸が熱くなりました。

とにかく、栄おばあちゃんがすごく良い。

家族の中でも貫禄があり、
元教師という性質があるためちょっと緊張するキャラクターです。

細田守監督の作品は家族の絆を大切にしているので好きです。

家族や親戚には色んな人がいますが、
なかにはちょっと道を踏み外した人間もいます。

侘助は人工知能を作ったことで引き起こした問題を、
自分の背責任ではないと言って栄を怒らせてしまいます。

それでも最後には責任を取るため、
家族と一緒に闘います。

闘いの内容が花札というのも親近感がわきました。

伝統と革新。古いものと新しいもの。

若い人とお年寄り。

『サマーウォーズ』が公開された時期よりも進歩していますが、
未だに手紙はなくならないし、

古いものが表舞台から一方後ろに下がっても私たちの中に息づいています。

栄が取っておいた古い友人、
知人からの手紙の存在もアナログ好きな私には嬉しいものでした。

闘いや家族の絆だけではなく、夏に起こった爽やかな青春にも甘酸っぱい気持ちになりました。

P.R
■夏といえば思い出す作品の1つになりました。

地球の危機に立ち上がる一夏の家族の物語で、

やはりインパクトあるのは、
陣内栄おばーちゃん。

かなりな大物で顔が効く政財界にも知り合いがいたりして、

それを駆使してアバターが暴走して大変な事件に発展してるのを、食い止めようとするすごいばーちゃんです。

それにこの家族も多彩な人ばかり、
こんな大家族だったらなんせ楽しいんだろうなと思う人々が、

ネットとか無関係に見える環境にいそうな方ばかりですが
みんなすごい!

ばーちゃんの娘やら息子、孫、それに主人公の婚約者と間違われる健二くんです。

みんなで戦い暴走したアバターに勝利するんです。

家族っていいなー、お盆には帰りたいなーって毎回この映画を観ると思う作品です。

T.K
■現実世界でも起こりうる展開にドキドキします

空想の物語とは言い切れない、
リアルな未来を描いていた作品だなと思いました。

コンピューターウイルスによる軍事技術の盗用によって、

特定地域が攻撃される可能性は、
現実世界でも想定されるものです。

数学の得意な主人公等が協力してコンピューターウイルスに対抗していく姿は、

直前に亡くなってしまったお婆さんの意思を継いでおり、
感動しました。

「あんたならできる」

というお婆さんの言葉は、

登場人物の頑張る原動力になっており、
受け継がれる意思の素晴らしさを垣間見ました。

M.M
■前向きになれる映画

家族の絆、人と人との繋がりを描いた素晴らしい映画でした。

数学だけが取り柄の気弱な健二が、
物語が進むにつれて成長していく姿に心を打たれました。

そして、この物語のキーパーソンである栄おばあちゃんという大きな存在。

おばあちゃんの言葉が健二を大きく成長させ、
観ている私も前向きになれました。

一番気弱だったはずの健二が強大な敵に立ち向かう姿に家族は団結し、
それぞれの得意分野を活かし戦うシーンは圧巻でした!

ストーリーだけでなく作画も素晴らしく、
自然溢れる田舎の風景とカラフルなネット世界の対比も面白かったです。

観る度に前向きになれる、何度も観返したい映画です。

G.S
■この夏絶対見たい映画

私はサマーウォーズが大好きです!

まずキャラクターが大変魅力的だと思います。

なつき先輩がすごく可愛いし、
けんじくんは何かいじけた雰囲気の主人公で共感できるし、

侘助さんはあのミステリアスな雰囲気がなんとも言えない大人な感じがします。

そしてサマーウォーズといったら

最後のなつきvsラブマシーンのこいこい対決のシーン。

あれでこいこいにハマった人も絶対いるはず。

ただのカードゲームなのにあんなカッコよく、
シリアスに描いている映画はなかなかないと思います。

それぐらい手に汗握って見てしまいました。

季節的にも今見たくなる映画です。

M.K
■夏になったら観るべき映画

観るだけで夏をエンジョイできる作品です。

主人公に段々と感情移入していき、
胸が熱くなり、夏休みになったら必ず見たくなります。

近い未来起こり得そうなオズという
ネット上の世界と現実世界で繰り広げられる物語です。

オズという世界ではお金の支払いだったり買い物、
株などなんでもすることができます。

インターネットの世界はラクで便利なことも多いですが、
人間の強さ、人と人の繋がりの大切さを勉強させられる素敵な作品です。

J.T
■夏休みに家族みんなで観る映画

ひょんな理由から、
憧れの先輩の帰省についていく事となった主人公が
数奇な事件に巻き込まれていくストーリーです。

劇中で、とても仲の良かった家族がバラバラになってしまう事件が起きます。

ですが、

少年少女の心の強さがやがて家族をまた一つに繋げ、

家族全員で「地球を救う」といった超展開につながります。

その一連の流れが、
普段あまり気にしない家族の絆とその強さを再実感させてくれました。

また、暑い夏を背景に汗をたらしながら(時には鼻血で)、少年少女が懸命に戦うさまはとても印象的なシーンに仕上がっています。

ストーリー展開もとてもスピーディで飽きさせません。

N.M
■夏と言ったらこれ

サマーウォーズはネットの世界が混ざった青春アニメ映画です。

この映画は1つ1つの描写がしっかり描かれており、
それに合わせて上手く音楽が入ってくるので、

私の中ではジブリ映画や君の名はと並ぶアニメ映画だと思います。

この映画で1番好きなシーンは
ナツキが花札でネットをハッキングした敵キャラと戦うシーンです。

世界中の人達がアカウントをナツキに託して、
ナツキが優勢になり、

ナツキの家族達がこいこい!
というシーンは鳥肌が立つくらい感動しました。

B.D
■一族の結束は硬かった。

サマーウォーズは、夏に見たくなるアニメです。

シナリオとしてはやはり敵のボスとも言えるキャラクターですね!

初めは弱いものがだんだん強くなり手に負えないものになってしまいます。

このせいで人が不幸になってしまいますが一族郎党で立ち向かいそれぞれの能力や力を使って打ち負かして行く様子は見ものです。

特に最後の手遅れだと思う場面で諦めなく立ち向かう主人公の姿には感動さえ覚えてしまうほどですね。

ヒロインとの関係も気になってしまう終わり方ですが見てみたくなるアニメです。

r.s
■サマーウォーズ最大の魅力は家族の絆

サマーウォーズの魅力は何と言っても家族の絆です。

仮想世界OZで暴れまわるラブマシーンに対して、
大家族が力を合わせ立ち向かっていく姿は感動的でかっこいいです。

まさに青春といった感じのストーリーで、
心をくすぐる熱いシーンが満載でした。

少年漫画の王道に通ずるものもあり、
主人公を含めて、誰もが魅力的なキャラクターをしていました。

特に主人公は一見弱そうに見えますが、
その実心に熱いものを持っていて

、まさにヒーローと呼ぶにふさわしい少年だと感じました。

S.D
■ネット犯罪組織と戦う所に迫力あり!

篠原夏希がおばあちゃんに、

生きている間に婚約者を紹介するために小磯健二に彼氏役になってもらい、

一緒におばあちゃんのいる田舎に行く設定がとても面白いです。

びっくりするような立派な屋敷を見た瞬間にとても懐かしい雰囲気を感じるのに、映画の中ではさまざまなトラブルが起きます。

おばあちゃんが亡くなったり、
今流行のネットを使ったトラブル問題などが起こったりします。

懐かしい景色の中に、
現代のネット犯罪の存在がとてもミスマッチしているのがとても面白いです。

健二と、夏希の恋愛模様の描き方も素敵な映画です。

G.H
■手に汗握る、スピード感のある映画!

アニメ「サマーウォーズ」は、
夏になると必ず見たくなる映画のひとつです。

夏休みに親戚の家に集まる感じや、
田舎の夏の風景が舞台になっていて、
どこかとても懐かしい気持ちにさせてくれます。

その舞台で巻き起こるのは、
世界を脅かすような大きな事件です。

それはゲームを介した世界の中で起こることで

すが、
現実世界にも多大な影響を及ぼすことなので、
登場人物たちはそれを阻止するために、ゲームの中の謎の相手と勝負を繰り広げます。

ゲームで戦うのは、
親戚のなかでもいちばん年の若い少年や少女たちです。

周囲で見守ることしかできない大人たちも、
必要な動力を集めたりと子どもたちに協力して、
一致団結して事にあたります。

ゲームのシーンはデジタルの映像やアニメの映像が融合した、

この作品でしか見ることのできない映像となっていて、必見です。

声優さんたちの迫真の演技も素晴らしく、
手に汗握りながら楽しむことができる作品です。

細田守監督作品を無料で観るなら今のうち!