『コードブルー』スピンオフドラマ3話の無料動画&見逃し配信情報まとめ!あらすじキャストについても!

現在、スピンオフ版「コード・ブルー」はネットで公開中!

2018年7月27日公開予定の
劇場版「コードブルー」に先がけ、

スピンオフ版「コード・ブルーもう一つの日常」
2018年7月26深夜25:25~放送されます。
(第三話は24時25分からではないので注意!)

深夜遅くに放送されるということで、
見逃してしまったという方も多いようですね^^;

さらに関東ローカルのみ放送といことで
見逃しどころか、

そもそも見ることができなくて
悔しい思いをしている方も多いようです。

しかし、実は制作のフジテレビが運営する動画配信サービス
FOD(フジテレビオンデマンド)にて

見逃し配信中です!

そこで今回はコードブルーのスピンオフドラマの見逃し配信ついて。

そして、無料でスピンオフ版どころか全シーズンを
無料で見ることができる方法についてご紹介します。


ドラマ「コードブルーもう一つの日常」第3話見逃し配信について

地域によっては放送まで日にちがあったり、
放送されていなかったりしますが

ネットでFODを利用すれば
スマホでも簡単にコードブルーのスピンオフドラマを
視聴することが可能です。

公式のサービスですので安心して見ることができますし、
3話放送後も4話5話とスピンオフ版コードブルーが配信される予定です。

…ネットで見た方が得かもしれません笑

見逃し配信は放送終了後、

FODにて
2018年7月24日00時40~
2018年8月31日23時59分

まで無料公開中です。

FODならコードブルーを全シーズン無料で見れる!

コードブルーのスピンオフ版は配信時間が結構短くて、
見たら逆に前のシーズンを見たくなる…あると思います。

そこで過去シーズンについて調べてみたところ、
FODではドラマ「コード・ブルー」の全てのシーズンを配信していました▼

しかし、見逃し配信と違って過去シーズンは
プレミアム会員ならなくてはなりません。

月額は888円。

ですが、FODでは現在
Amazonアカウントからの登録
一ヶ月間無料で視聴することができます。

つまり上手に無料期間を活用すれば
無料で全シーズン&スピンオフをおさらいしてから
劇場版を映画館に見に行くことができます。

登録手順もかなり簡単にスマホでもできるので、

合わなかったらとりあえずコードブルーだけ見て
一ヶ月以内解約にすれば料金を発生させることなくスピンオフ&過去シーズンを楽しむことができます。

登録手順も簡単!2分でできます!▼

FOD登録の手順

 

▼まずはFOD公式へ▼
⇒FOD一ヶ月間無料ページはコチラ

①『今すぐ無料おためし』をクリック

②AmazonのログインID・パスワードを入力し『ログイン』をクリック

③『次のページへ進む』をクリック

④登録カードを選択(注:Amazonペイ利用にチェックを入れる!)

⑤『購入確定』をクリック

以上で完了です!
(一ヶ月間以内の解約で料金は発生しません。)

まずはお試し!

「コードブルーもう一つの日常」第一話あらすじ・キャスト

スピンオフ第3話のテーマはコチラ

知らない事を知っているフリをする医師か、
知らないことを知らないと言える医師か。

恥をかくことの大切さも学んでいく

今回のメインも
成田凌さん演じるフェロー、灰谷俊平

そして有岡大貴さん演じる名取と
新木優子さん演じる横峯あかり。

ある日、横峯あかりは患者から
プロセントラという薬品を使用する予定があるか質問される。

横峯あかりは使う予定はないと答える。

横峯あかりはそのプロセントラという薬品をあたかも知っている素振りをするが、

実はその場を濁していただけでプロセントラについての知識はなかった。

灰谷もまた患者から聞かれた神経障害性疼痛症についての知識がなく
思わず動揺してしまう。

そんな日々をDIC治療で有名な川原教授が灰谷の元に訪れる。

灰谷は川原教授に
患者から聞かれた病名についての知識がなかったことを話すが、

川原教授は

「どんな名医と言われる医者でも必ず知らないことがある。
そんな時、知らないままやり過ごして運良く患者を救う医者か
それとも、知らないことを認めて恥をかきながらでも患者を救う医者か。

どちらの医者になりたい?」

と灰谷の想いを聞く。

灰谷は
「後者です。」

と答える。

その答えに川原教授は・・・

そしてその二人の会話を聞いていた横峯あかりは・・・

スピンオフ版「コード・ブルー」第一話詳細はFODで無料公開中!

キャスト
出演:有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、成田凌、新木優子、馬場ふみか、椎名桔平ほか
脚本:金沢達也
演出・プロデュース:野田悠介
協力プロデュース:増本淳、若松央樹