ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』のあらすじ・キャストまとめと見逃し配信について!

7月9日月曜日の21:00~放送予定の
フジテレビの月9ドラマ

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

前シリーズは上戸彩さん主演
『絶対零度~未解決事件特命捜査』と
よ~く見るとタイトルが違い、

新シリーズは上戸彩さん演じる桜木泉ではなく
沢村一樹さん演じる井沢範人が主人公です。

今回は『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の
あらすじとキャストなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』のあらすじ

主人公の井沢範人は、ひょうひょうとしてつかみどころのない印象を周りに与える人物ながら、実は元公安のエリート刑事。ある事件を起こしたことをきっかけに公安から、総務部・資料課に室長として転属しています。その資料課には、警察内で厄介払いされたトラブルメーカーたちが集められていました。“警視庁の吹きだまり”ともいうべき資料課ですが、実は秘密裏に進められている、ある重要なプロジェクトの任務を託されています。

そのプロジェクトとは、日本国民のあらゆる個人情報、日本全国の監視カメラの映像、メールや電話の通信データ、などが集約されたビッグデータを解析し、過去15年分のさまざまな犯罪データと照らし合わせ、AIが統計学的に、これから起こる重大犯罪、主に“殺人”を犯す可能性の高い危険人物として割り出す“未然犯罪捜査システム=ミハンシステム”の実用化プロジェクトです。

資料課に課せられたミッションは“未然犯罪捜査チーム=ミハン”として、“ミハンシステム”の割り出した、未来の危険人物が起こすかもしれない重大犯罪(主に殺人)を阻止すること。データが示すのは危険人物の名前だけで、何が起こるかは分からず、いつ、どこで、誰が、なぜ、殺されようとしているのか? それらのことを潜入捜査しながら突き止めていきます。

しかし、現時点でこのような捜査は違法捜査。表向きは総務部・資料課として活動しており、警察内でも彼らの存在は秘密にされています。潜入捜査あり、アクションあり、エンターテインメント要素をふんだんに詰め込みながら、予想もつかない展開の連続で見る者の心をつかみます!(公式ホームページから引用)

前作の主人公である上戸彩さん演じる桜木泉は特殊任務中に突如失踪したという設定。

今作では沢村一樹さん演じる井沢範人が主人公に変わっておりますが、
桜木泉が物語の鍵を握っている可能性が高そうなので
今作でも上戸彩さんがメインではないものの、
出演するのではなかと噂されています。

何か若干アニメのPSYCHO-PASSっぽい雰囲気のストーリーですが^^;

スポンサーリンク

ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』のキャスト

■井沢範人/沢村一樹:
元公安のエリート刑事。
ある事件を起こしてことで資料室課の室長い転属される。
東堂定春(伊藤淳史)に弱みを握られている。

普段はひょうひょうとした明るい性格だが、
時折、闇を感じさせる二面性も

■桜木泉/上戸彩(特別出演)
前シーズン主人公。
今作では7年の月日が経ち、
ベテラン捜査官へと成長している。

しかし、とある特殊任務中に突如失踪し、
行方をくらませている。

■山内徹/横山裕(関ジャニ∞)
桜木泉の元バディ。
桜木泉(上戸彩)の失踪の件で上司と対立し暴力沙汰に。
その結果、資料課に移動させられることに。

資料課の本来の目的である
未然犯罪潜入捜査、通称ミハンのシステムの違法性や不確かさに不信感を抱いている。

■小田切唯/本田翼
元生活安全課の女性警官。
痴漢をして逃走する容疑者に対しての過剰な暴力により資料課に異動。

男性に対してのトラウマがある。

■南彦太郎/柄本時生
入庁以来、資料課配属の警官。
人とのコミュニケーションが苦手でパソコンに向かってばかりのほぼ引きこもり状態。

■田村薫/平田満
井沢範人の部下。
いろいろな部署をたらい回しにされているが、
その経験により様々な技術や知識を持っている。

すいませんが口癖。

■東堂定春/伊藤淳史
井沢範人をミハンに誘った人物。
警視庁のキャリアでエリートであり、
ミハンブロジェクトの総責任者に立候補。

かなりの野心家であり、井沢を利用する。

脚本/浜田秀哉
演出/佐藤祐市、城宝秀則、光野道夫
主題歌/家入レオ「もし君を許せたら」

ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の見逃し配信について

見逃し動画はFODにて配信中です。

⇒「絶対零度シーズン3」見逃し配信についてはコチラ

前作の
「絶対零度~未解決事件特命捜査~」
スペシャルドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~SP」

も現在フジテレビオンデマンドにて配信中です!

⇒フジテレビオンデマンド【公式】はコチラ