塩川利音君の父親が現在悪性リンパ腫に?初期症状や再発・完治する可能性はどうなの?

 

24時間テレビで話題になった塩川絵音くんが8月21日の「人生が変わる1分間の深イイ話」に久しぶりに出演されるのだとか。

横紋筋肉腫という骨や筋肉・脂肪などに腫瘍ができてしまうという難病にかかり、左目と顔の半分を失ってしまうという状況に直面してしまうという困難にもめげず

笑顔を絶やさない塩川家の姿に多くの視聴者が胸を打たれ反響を呼びました。

そんな塩川絵音くんも今では中学1年生となり、今では文芸部に所属し元気に中学生活を満喫しているのだとか。

もちろんそれまでに成長と共に変化した患部の手術を受けたり今でも定期検診にを受けていたりなどの不自由があるようなのですが、塩川絵音くんにとってはそれほどのことでもないといった印象を覗かせています。

そしてさらに塩川家では新しい家族である梨恵瑠さんが誕生。

絵音くんもお兄ちゃんとなり、幸せな家庭を築いたかのように見えたのですが…

なんと今度は父親の彰さんが血液のガン悪性リンパ腫という診断を受け入院してしまったとのこと。

体調は回復しているものの現在も治療中のようです。

彰さんには是非とも元気に復帰して頂きたいと願うばかりなのですが、この悪性リンパ腫という病気。

初期症状や再発の可能性、そして完治する可能性は一体どうなのでしょうか?

今回はそちらについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

悪性リンパ腫の初期症状は?

さてこの血液のガンと言われる悪性リンパ腫。

これはリンパ系組織にできてしまうガンで、早期発見が難しいとされています。

一体どのような症状が出るのでしょうか?

そして何か自覚症状のようなものは感じるものなのでしょうか?

そちらについて調べてみました。

■悪性リンパ腫の初期症状は…

・リンパ節の腫れ、痛み、しこり
・体のかゆみ、発疹
・発熱、大量の寝汗、体重減少
・全身倦怠感
・貧血、立ちくらみ、ふらつき

とれされています。

しかし、風邪のときも同じような症状が出やすかったりするので中々判別がつきづらいということのようです。

リンパ組織にできてしまうガンなので、一番分かりやすいのがリンパ節の腫れ。

首・脇の下・足の疲れなどのリンパ節が集まっている部位が腫れてしまっている場合、

そしてしこりができていて、そのしこりに弾力がなく押してみても痛みを感じなかったりなどした場合には悪性である可能性があるので注意が必要です。

また大量の寝汗という項目に関しては起きたらシーツを変えなくてはならない程の大量の汗寝ている間にかいてしまう位とやはり通常とは違う状態のようです。

どうも最近ずっと調子が悪いまま、体重も減り発熱が長期間続き、

いつもの風邪と何か違うと感じた時、さらにリンパが腫れているなどという時には是非とも一度医師の診察を受けてみることをお勧め致します。

スポンサーリンク

再発・完治する可能性はどうなの?

さて今回入院されたものの経過は順調だという塩川絵音くんのお父さんなのですが、今後の再発の可能性などが心配されます。

悪性リンパ腫の再発の可能性はどれくらいあるのでしょうか?

そちらについては…

「悪性リンパ腫」の2年以内再発率
「悪性リンパ腫」は全身をくまなく巡る血液のがんですから、
完治しにくく再発の可能性も非常に高いがんです。

治療後寛解状態での再発は、2年以内で8~9割に上ります。

再発率はがんの種類によって異なりますが、
再発の予防には治療後も定期的な抗がん剤の投与や定期検査
(血液検査・CT検査など)が必要です。

とのこと。

やはり血液にできてしまうガンということで再発率はかなり高いようです。

しかし、抗がん剤や放射線治療などの効果が実証されているので、医師の診察をしっかりと受け(病院選びも重要)

経過を見て再発に対しての認識をしっかりとすることによってリスクを防止できます。

また完治する可能性。つまり生存率については

悪性リンパ腫にかかった際の生存率は、年齢やステージによって異なります。治療中の患者と悪性リンパ腫にかかっていない人の5年後の生存率を比べた5年相対生存率は、ステージIで約90%、ステージIIで約80%、ステージIIIで約60%、ステージIVで約50%となっています。早期の発見であれば、治療による効果も高く、全身にがん細胞が転移する前に進行を抑えることができます。初期症状であるリンパ節のしこりや原因不明の体重の減少がみられる場合は、早めに検査や診察を受けるようにしましょう。
引用:http://www.skincare-univ.com/article/020653/

ステージⅠでは90%と早期発見ではかなりの治療効果あるとのこと。

塩川絵音くんのお父さんはステージいくつだったのでしょう?早期発見でしたらいいのですが…

なににせよガンに関しては早期発見がかんり重要なポイント。

診断を受けにのはなんだかんだで後回しにしてしまいがちですが、やはり家族や残された大切な人達の為、早め早めの診断をするのがなによりのリスク回避のようです。

またこういった不安が拭えない!という方はガン保険なども考えてみてもよいかもしれません。

というとで今回ここまで!

塩川絵音くんのお父さん彰さん。ただただ言葉で回復を祈ることしかできませんが、是非とも元気になって頂きたいと切に願いますm(_ _)m

スポンサーリンク



コメントを残す