白井琴望の姉ゆっちって誰!?椙山退学騒動のその後は?パンダ愛が怖い…

出典:https://7gogo.jp/6NfLxBWj1DgN/11151

今パンダを愛するアイドルとして現在話題沸騰中なのが
こっちゃんことSKE48白井琴望その人です。

もうなんていうか狂気を感じるパンダ愛を披露しているらしく
SNSを中心に話題になっているのだとか…

調べた結果
う~ん…ちょっと病んでるのかな?と思ってしまいましたよマジで。

また通っていた椙山女学園を退学したという騒動があったり、
お姉さんが某動画サイトに登場していたりと今回は気になる話題満載でございます。

ということで今回はそんな白井琴望さんにまつわる噂を徹底解剖していきたいと思います。

と、その前に白井琴望さんの簡単なプロフィールからご紹介(まだウィキペディアにも載ってないようなので)

白井琴望の(仮)プロフィール
生年月日:2002年12月1日
出身:愛知県
身長:154.5㎝(成長中?)
血液型:B型

年齢は2017年現在では14歳で現役中学生。

世界一個性のあるアイドルを目指して現在SKE48で活躍しています。

ここで気になるのが中学生なのに退学??というところ。

スポンサーリンク

白井琴望の椙山女学園退学騒動とその後

義務教育なのに中学校を退学ってどういうこと?

と思い調べてみたところ

白井琴望さんが通っていた椙山女学園は私立のお嬢様学校で、

芸能活動禁止!

これが退学の理由でした。
アイドルとして活動する為に自主的に退学したのではないかと思われます。

何か問題を起こしてしまったとかそういった理由ではないのでご安心を。

そして白井琴望さんはその後どうしたのかというと、
現在は名古屋にある中学校に転校したようです。
椙山を退学した件から察すると芸能活動OKで理解のある学校に転校したのではないかと。

決して中学校には通ってないという訳ではないと思います(笑)

どこに通っているのか?私立?それとも公立?などについては今のところ分かっていません。

仮にここに分かってしまっても
学校関係者の方々にご迷惑がかかってしまうこと間違いなしなので分からないままにしておきましょう!

白井琴望の姉ゆっちとは一体何者?

今SNSなどを中心に話題になっているのが白井琴望さんの姉の存在。

そのキッカケはSHOWROOMという動画配信サイト。

さまざまなアイドルが配信しております。

そこで白井琴望さんが配信しているのが「こっちゃんねる」

なんとそこの配信内で白井琴望さんのお姉さんが登場しております!

それがゆっちさんです。

え?じゃあ姉妹でアイドル活動しているの?と疑問に思ってしまうのですが
白井琴望さんの姉ゆっちさんはアイドル活動はしておらずあくまで一般人のようです。

したがって顔出しNG

こっちゃんねる内でも声のみの出演のようです。
あとたまに歌声を披露しているみたいです(笑)

配信を見た方の感想をみると。。。


どうも歌上手いようです(笑)

またSKE48の他のメンバーとも交流があるようでして、
同メンバー菅原茉椰さんのブログになんとゆっちさんの姿が!?

出典:http://www2.ske48.co.jp/blog/detail/id:20160724222007280

さすがに顔出しNGのままでしたが。。。

そのうち顔出しの日がくるかもしれないので
こっちゃんねるは要チェックかも!?

スポンサーリンク

【狂気】白井琴望のパンダ愛とは・・・

パンダをこよなく愛する白井琴望さん。

その愛するさまをファンの方々にも惜しみなく披露することによって衝撃を与えております。

正に恐怖!!
ビニール紐によって両手足を幾重にも縛りあげられ吊しあげられれるパンダに狂気的な愛を感じます。。。

~白井琴望流パンダの愛し方~

用意するもの:パンダのぬぐるみ・愛情

パンダさんはとってもキレイ好き。

優しく水気を出してあげたり・・・

あとは日なたぼっこさせてあげたり・・・

無慈悲に圧縮寝てたパンダさんも起こしてあげます

もう・・・なんというか愛って一体何なんだろう…?と改めて考えさせられましたねホント。
私のような凡人程度の愛じゃ好きな存在をビニール紐に風船くくりつけて両手足をこれでもかと縛りつけた挙げ句、
ぐったりと部屋に浮かびあがる姿を愛くるしい笑顔で愛でるなんてこととてもできやしません。さすがアイドルです。

スポンサーリンク

まとめと感想

まぁ・・・なんというかさすが世界一個性のあるアイドルを目指しているだけはあるというか・・・

パンダのくだりが強烈すぎて他の話題が霞んでしまいました(笑)

今後バラエティ番組にひっぱりだこになりそうな予感です。

色んな意味で注目なアイドル白井琴望さんでした!ではでは



コメントを残す