蓮舫氏の辞任理由は支持率?議員辞職の可能性や後任代表候補・民進党解党の噂を調査!

国籍問題からのブーメラン発言ですっかり人気が低迷してしまった蓮舫氏

協力的なメディアのおかけでさほど叩かれることはなかったものの、思いっきり支持率に反映されてしまって党内からも不満続出。

発言するたびにイメージを下げてしまっている現状ながらも、辞任はしないという意向を貫いていた蓮舫氏なのですが…

ついに今回辞任を表明すると発表した模様です!

やはり野田幹事長の辞任が効いてしまったのでしょうかね…?

そんな蓮舫氏の辞任会見から辞任をするにあたっての理由。

そして今後の民進党解党の噂についてや辞任だけではなく議員辞職の可能性について調べてみました!

スポンサーリンク

蓮舫氏の辞任理由は支持率?都議選が原因?

現在支持率が低迷しっぱなしの民進党。

国民が求めている!とされながらも批判のみで代替案も提示しない姿にさすがの国民も飽き飽き…という印象。

緊迫した国際情勢的よりも加計学園や森友学園を優先してるって…するなとは言わないがその話よりももっと優先して議論すべきことがあるんじゃないかなぁ…と個人的に感じていましたが。

そんな中、国民の為にも!国民に向けて!と言われても

いや…その国民による支持率…

さらに2017年の都議選。

獲得した議席はわずかに5議席

その結果による内部の反発がかなり大きかったのでは?と会見前は言われておりました。

そして今回の会見。

蓮舫氏の表明によりますと辞任に至った理由は

・党内に遠心力を働かせてしまい求心力を働かせるには至らなかった。
・一旦引いて新たに力をつける為
・安倍内閣打倒の為には今の自分では力不足
・周りの声に耳を傾けなければならなかった
・より強い民進党をつくる為

自身の力不足の為に今回辞任を決めということのようです。

都議選が原因かについて蓮舫氏は

都議選は直接的な原因ではない。

として確かに都議選での結果により辞任決意に至る一つの要因にはなるものの、
直接的に都議選での結果により辞任を決意したのではなく、

現時点での求心力のなさや力不足を改めて痛感し辞任決意に至ったということのようです。

また先日幹事長を辞任を発表した野田氏は関係していたのか?については

こちらも直接的に関係していない

と回答。

今回の辞任に関して蓮舫氏は誰かに相談したり助言を受けたりという訳ではなく

あくまで蓮舫氏自身で前日に考え決断したとのことです。

ちょっと抽象的で断言する発言が少ない回答が多かったのですが、
民進党の現状。

支持率や内部の統制をとるには現時点では力不足であり、
この先野党第一党として自民党を戦っていく上で一度辞任という形で退き、新たに力をつけ舞い戻るために必要だったということなのではないかと。

回りくどいですが、ようするに支持率低下が辞任の大きな理由であるというのは間違いないと思われます。

スポンサーリンク

議員辞職について

今回民進党代表辞任に至った蓮舫氏。

議員辞職はあるのか?

そちらの可能性に関して蓮舫氏はどのように考えているのか?

一部では議員辞職を求めてる声もあるみたいですが…

今回の代表辞任会見にて蓮舫氏はこのように答えていました。

一議員に戻ります。

一議員に戻り、汗をかき(精一杯頑張るという意?)新たに力をつけてより強い民進党をつくりあげたい。という内容でした。

つまり議員辞職はしないということのようです。

蓮舫氏と言えば話題になったのが2重国籍問題。

そちらに関しての追求に対して民進党内の声もあり戸籍謄本を公開するという事態にまで発展。

しかし偽造なのでは?などという声もあったり、蓮舫氏側からの説明も充分とは言い辛い中での辞任。

これらの追求を逃れてのものなのでは?という声もチラホラあったりします。

会見でも国籍についての質問があったのですが
「よく分からない」「国籍に関しては関係ない」
とスルー気味で詳しい説明などに関してはありませんでした。

ちなみにこの国籍問題。
国籍放棄許可証が偽造なのでは?という疑惑が上がっているのですが、
ちょっとその筋に詳しい方に聞いてみたところ
中国の公文書は日本のように統一されていない。書体などが違ったりなどは結構ある。

確かに写真が選挙用のもので顔が傾いて歯が出ていたりしたりなど
怪しい面は確かにあるがこれが偽造あるとは断定できないし、そんなリスクをわざわざ蓮舫氏が侵すというのは考えにくい。

仮に何かしらグレーな部分があったとしても保険は用意してあるはず。とのことでした。

まぁ個人的にはこれらの国籍問題などのほとぼりが冷めるの待つという要素は多少なりともあるのではないかと。

また今後総理を目指す意向に関しての質問に対しては

「(代表を)退く」という会見でそのような質問に答える程の自身が今の私にはない」

と否定せず。

そうなるとここで一旦代表を退き、民進党の再建・復活を待ち、その後また攻めに転じる可能性は充分に考えられるということなのではと。

まだまだ野心を燃やしている様子の蓮舫氏。議員辞職なんてとんでもないといったところでしょうか。

民進党後任代表候補は?

さて今回の辞任により気になるのが後任の代表は一体誰に白羽の矢が立っているのか?というところ。

現時点ではまだ後任に関しては明確に決まっていないようなのですが、

候補して考えられているのは

前原誠司元外相

枝野幸男元官房長官

などの名前が挙がっているようです。

前原氏が結構怪しいな…

判明次第追記します!

民進党解党の噂

旧民主党から心機一転、民進党へと変わったものの

思ったように支持が得られず、ひょっとして解党の可能性もあるのではないか?
という噂もあったのですが今回の会見で蓮舫氏は

より強い民進党ということを強調していたのでこちらに関しての可能性は低いものであると考えられます。

ですがあくまで蓮舫氏の考えとしてはの話なので、
今後発表される新代表の意向によっては解党もあるのかもしれません。

しかし、メディアの後押しもあってもネガティブなイメージがついてしまった民進党…

蓮舫氏の辞任により復活はあるのでしょうか?新代表に期待と責任によるプレッシャーがかかってきますねぇ^^;

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です